2011年3月24日木曜日

Google Contacts 0.6.35ベータテスト

Google Contacts の新しいバージョンv0.6.35のベータテストを始めました。現在は、v0.6.35b6が最新です。

v0.6.35では、写真のアップロード、削除機能を追加する予定にしています。カードを開いて、顔写真タブを選択すると、写真の下に、「Upload」と「Delete」ボタンがあります。写真が「コンピュータ上」になっている状態で、Uploadをクリックすると、写真をGoogleのサーバにアップロードします。また、Deleteをクリックすると、Googleのサーバから写真を削除します。写真を設定してOKボタンを押してもアップロードはされないので注意してください。

upload_photo

上記は、ひとつずつ写真をアップロード・削除するやりかたですが、まとめてやる方法もあります。まず、アドレス帳のツールバーに、「Reload Photos」ボタンをおいてください。次に、更新したいカードを選択します。複数選択も可能です。この状態で、Reload Photosボタンの右端(矢印)をクリックして、「Upload Selected Contacts Photos」をクリックすると、選択したカードの写真がアップロードされます。また、「Delete Selected Contacts Photos」をクリックすると、選択したカードの写真が削除されます。Reload Photosボタンを普通にクリックすると、写真データを読み込みます(これまでのReload All Contacts Photosの動作)。

photo_button

また、 このバージョンからは、Thunderbird 3.0.xには対応しません。MozillaのThunderbird 3.0.xのサポートが終わっていること、テストするのが大変なことなどが理由です。とはいえ、無理やり入れれば動くとは思います。

2011年3月15日火曜日

Tag Toolbar 0.8.32

Tag Toolbar 0.8.32 を公開しました。先日公開したv0.8.31/v0.8.31 に、不正なメールヘッダーを出力してしまう不具合があったので修正しています。v0.8.31/v0.8.31 をご利用の方は、アップデートしてください。

2011年3月13日日曜日

Tag Toolbar 0.8.30 / 0.8.31

Tag Toolbarの安定版を更新しました。v0.8.30の公開直後にポーランド語の設定で動作しない不具合が見つかったので、v0.8.31が最新版になります。

ここでは、新しく追加した機能を中心に紹介します。

  • タグツールバーに置いたボタンは、ツールバーの設定に関係なく、小さいアイコンで表示する
    オプションダイアログを開いて、「オプション」タブにある「Always show small icons in Tag Toolbar」をチェックすると有効になります。
  • ヘッダビューにタグを表示しない
    タグツールバーに表示しているので、ヘッダビューにはいらない場合に、非表示にできます。オプションダイアログを開いて、「オプション」タブにある「Hide tags row in header view」をチェックすると有効になります。有効にすると下の画像のようになります。

     hide_tags_row
  • メール作成時に、元メールと同じタグをつける
    返信、転送、編集などでメールを作成するときに、元メールについていたタグを自動的につけた状態で、メール作成ウィンドウを開きます。デフォルトで有効になっています。設定を変更する場合は、オプションダイアログの「オプション」タブにある、「Add the same tags the original message has」のチェックを外してください。
  • タグをつけてメールを送信する
    目玉機能の一つです。これまでは、送信済みフォルダに保存するメールに自動的にタグをつけることができましたが、これに加えて、送信メールにタグをつけて、受信先でも自動的にタグをつけることができます(相手もTag Toolbar 0.8.30以降をインストールしていること、相手も同じタグを用意していることが必要です)。メール作成ウィンドウで、下の画像にあるボタンをクリックした状態で送信すると、タグ情報がヘッダに埋め込まれて送信されます。クリックしないでタグだけを選択すると、これまでと同様に、送信済みフォルダに保存されるメールにタグがつきます。ヘッダを利用するので、メールサーバによっては、削除されてしまって動かない場合があります。
    attach_tags_button 
  • スレッドペインの背景色を、タグの色にする
    もうひとつの目玉機能です。したの画像のように、スレッドペインの背景色を変えることができます。またそのときの文字の色も、タグの色、白黒、タグの色の反対色の3つから選べます。
    • 文字色がタグの色の場合
      tp_color1
    • 文字色が白黒の場合tp_color_bw
    • 文字色が反対色の場合
      tp_color_comp

設定は、オプションダイアログの「オプションタブ」でします。まず、「Change background colors of tagged messages (need restart)」にチェックを入れます。次にLightnessで、背景色の薄さを設定します。値が大きくなるほど、色が薄くなります。となりにある、Previewを参考にして設定してください。文字色は、Text colorで設定します。タグの色の場合は、「Tag colors」、白黒の場合は、「Black/White」、反対色の場合は「Complementary colors」を選択してください。あとは、OKを押して、Thunderbirdを再起動すれば完了です。

タグの色によっては、文字が読みにくい場合があるので、その場合は、文字色が白か黒になります。詳しい動作は、前景色と背景色の求め方を参照してください。

  • 「メッセージ→タグ」メニュー、コンテキストメニュー、ツールバーボタンに、カテゴリを選択してタグをつける機能を追加
    「メッセージ→タグ」メニューやコンテキストメニュー、ツールバーボタンからタグをつける場合、タグがすべて表示されてしまい、タグを探しにくいので、間にカテゴリを挟むメニューを追加しました。「メッセージ→タグ」メニューとコンテキストメニューには、「Tag (Category)」が追加されています。ツールバーボタンは、以下のボタンを使ってください。
    ttb_catbutton

2011年3月8日火曜日

Thunderbird のタブ移動機能

Thunderbird 3.3 の新機能(予定)で書いた、Thunderbirdのタブの移動(bug 468808)ですが、Checkinされたようです。Firefoxと同じように、タブをドラッグすると矢印が出てきて、ドロップすると矢印の位置にタブが移動します。ただし、一番左のタブは移動することができません。



さらに、タブを右クリックすると、閉じたタブのUndoや、タブを別ウィンドウで開くこともできるようになっています。タブを別ウィンドウで開くのは、タブをウィンドウ外へドロップすることでもできます。



タブを別ウィンドウで開くと、Thunderbirdがもうひとつ起動してしまいます。少なくとも、メールを開いているタブの場合は、メッセージウィンドウ(メールを新しいウィンドウで開いたときのやつ)で開くようにしたほうがいいような気がします。

2011年3月1日火曜日

Tag Toolbar 0.8.30b10

Tag Toolbar 0.8.30b10 を公開しました。特に問題がなければ、これを最後のベータ版になる予定です。変更点は以下のとおりです。

  • Added: メッセージメニューの中に、Tag(Category)を追加。
  • Added: スレッドペイン、メッセージペインのコンテキストメニューに、Tag(Category)を追加
  • Changed: 送信メールにタグをつけるツールバーボタンのアイコンを変更

context-cat

人気の投稿