2011年2月28日月曜日

Thunderbird 3.3 の新機能(予定)

Thunderbird 3.3 は、現在 Alpha2 までリリースされていますが、新しく何が加わるのかの情報はあまりないと思います。そんな中で、Planned Thunderbird 3.3 FeaturestというディスカッションがGoogleグループにあったので、私なりの理解でご紹介。
  • 新機能
    • Gecko 2.0
      レンダリングエンジンがGecko 2.0に更新されます。
    • Account Provisioning
      Thunderbirdから、Emailアカウントを作れるようにする機能です。すでに、拡張機能として公開されていて、これをThunderbird本体に組み込むようです。Firefoxの検索窓と同じように、Thunderbirdを通してアカウントを作ると、Mozlla Messagingに収入が入るようになるのかもしれませんね。個人的には、それでThunderbirdの開発が促進されたり、品質向上が図られるのなら、いいことだと思います。
    • Search Integration
      Thunderbirdの中で、検索エンジンを使った検索をできるようにする機能です。これも、すでに拡張機能として公開されているものです。メールなどの文字を選択して、右クリックメニューか「メッセージ」メニュから検索を実行すると、Thunderbirdのタブで検索結果が表示されます。これも、検索を通して、Mozilla Messagingに収入が入るのかもしれません。
    • Instrumentation
      Thunderbirdをダウンロードしたユーザ情報や、インストールに成功したかなどのフィードバックを得る仕組みを入れるようです。
    • Add-on manager
      アドオンマネージャの変更です(すでにリリース済みのアルファ版に入っています)。
  • 重要なバグ修正
    • ショートカットキー Abug 511741
      Aを押すとメールがアーカイブされますが、なにも知らずにAを押してしまった場合に、突然メールが消えてしまったように見えるので、初めてAを押したときは、確認を出したほうがいいんじゃないの?というバグです。私も被害者の一人です悲しい
    • IMAPサーバの負荷軽減
    • 終了時にLDAPがハングアップするbug 544939/bug 343332
  • 時間があれば入れたい機能
    • Personaの改良
    • test-pilot / input.mozilla.com でのフィードバック
    • アドレス帳の改良
    • アカウントウィザードの改良bug 549045
    • タブの移動bug 468808
    • Account Centralの再設計bug 489999
      フォルダツリーのアカウントのところを選択するとでてくるやつです。該当Bugのスクリーンショットを見ると、フォルダごとの容量があったり、返信率があったりとおもしろそうなことをしています。たぶん、Glodaを有効にする必要があると思います。
    • バックグラウンドで送信bug 511079
  • Thunderbird 3.3以降に入れたい機能
    • Pluggable message store
      データ保存形式の変更
    • Geckoの変更への対応
      Firefoxのメジャーバージョンアップが、これまでより頻繁に行われる予定なので、Thunderbirdにも影響がありそう。
    • Sync
      複数のパソコンでThunderbirdの設定やデータを共有する仕組み。Firefoxでは、Firefox4で標準搭載予定。

Thunderbirdにタブが入る!!ってなったときに比べると、正直インパクトにかける気がします。3.1から3.3へのバージョンアップなので、Geckoの更新と完成度UPをしたいところでしょうか。今回紹介した機能の中に、タブを使った機能がいくつかあるように、今後、タブをどう使っていくか楽しみな部分もあります。

2011年2月27日日曜日

Tag Toolbar 0.8.30b9

Tag Toolbar 0.8.30b9 を公開しました。変更点は、以下の1件だけです。
  • Fixed: タグつきのメールを選択したときの背景色を、テーマの設定に従うように変更

そろそろ、安定版を出そうと思っています。

2011年2月26日土曜日

前景色と背景色の求め方

Tag Toolbar 0.8.30b8の記事で書いた、背景色を変える機能の詳細です。もっといい方法があるよって方はコメントもらえるとうれしいです。

まず、色の表現をRGBモデルからHSVモデルに変換します。RGBモデルは、スタイルシートなどで使われている、赤(R)、緑(G)、青(B)の数値で色を表すモデルです。HSVモデルは、色相(H)、彩度(S)、明度(V)で色を表すモデルで、RGBモデルからHSVモデルへは、Wkipediaに書かれている式で変換しています。
  • 背景色:
    タグの色のHSVモデルから、スライドバーかその横のテキストボックスで指定された割合(Lightness)の分だけ彩度を減らしたHSVモデルを背景色にします。ただ、それだけだと、明度の低い色(黒っぽい色)の場合に、ほとんどかわらないので、明度も増やします。Wikipediaにある図で言うと、中央に動かしつつ上にも動かすイメージです。タグの色のHSVモデルを HSV = (Ht, St, Vt)とすると、以下の式で求めます。
    H = Ht
    S = St - St * Lightness
    V = Vt + (1 - Vt) * Lightness
  • 前景色(文字色):
    • Tag colors(タグの色): この場合は、タグの色をそのまま使います。ただし、黄色っぽい色の場合と、背景色が濃い場合は、文字が読みづらくなるので、白か黒になります。具体的には、タグの色のHSVモデルがH = 60(黄系の色)の場合と、Lightness < 50(濃い背景色)の場合は、次に書くBlack/Whiteのやり方で求めます。
    • Black/White(黒か白): 背景色の明るさに応じて文字色を白か黒にします。背景色のRGBモデルを RGB=(Rb, Gb, Bb) とすると、以下の式で求めます。
      l = (Rb * 299 + Gb * 587 + Bb * 114) / 2550
      ・l < 50 の場合: 白
      ・それ以外: 黒
      色の三属性,色相,彩度,明度によるRGBカラー検索のページにある輝度を参考にしました。
    • Complementary colors(タグの色の補色): タグの色のHSVモデルのHを180度まわした色を文字色にします。ただし、Vが小さい色(黒っぽい色)と、S=0の色(白/グレー)は、180度まわしても、似た色になるか、Hが未定義なので、白か黒にします。背景色のHSVモデルを HSV = (Hb, Sb, Vb)とすると、以下の式で求めます。
      ・Vb < 0.25 の場合: 白
      ・Sb = 0の場合: 黒
      ・それ以外:
      H = (Hb + 180) % 360
      S = Sb
      V = Vb
      ※ % は余りを求める演算子です。

この機能、別の拡張機能として切り離したほうがいいのかなぁとも思っています。この機能はほしいけど、TagToolbarはいらないって人が多そうな気がします。

そろそろ復帰します

PCが壊れてしまって、買い替えやらデータ引越しやらで、拡張機能の開発やこのブログの更新もとまってしまっていました。突然古いPCの、USBが全部死んでしまい、ディスプレイも黒の部分が赤で表示されたりと、とんでもない状況だったのですが、そろそろ再開できそうです。

買い換えたのは、VAIO SシリーズVAIO OUTLETで運よく注文できた2010年夏モデルです。 Corei5モデルで、私にとってはオーバースペックですが、これしかなかったし安かったのでまぁよしということで。一緒に純正のキーボードウェアも買ってみたのですが、これはちょっと慣れが必要そうです。なんかかぶさってる感がなんとも。実際かぶさっているんですが…。

ちなみに、なんとかの法則というか、VAIOを買ったら、壊れてた旧PCが何事もなかったかのように動き出して、なんか損したような気分も。でも、最近のPCって、安くてもほんとに高性能なんですね。Thunderbirdの動きが、妙にきびきびしているのにちょっと驚いています。

人気の投稿